健やかな暮らしのために

For healthy living

日本の病院の国際評価と国内評価の差

日本の医療は国際比較した場合、比較的にその評価は高くなっています。
世界最高峰の技術を誇り、極めて安い費用で受けることができ、しかも自由かつ手軽に診療を受ける機会を得ることが可能です。
国民保険の充実がこの評価に寄与しており、それ故大抵の傷病を医師に任せるにあたって、経済的にも技術的にも機会的にも心配する必要がありません。
しかしこれらの便益は弊害と表裏一体であり、その恩恵が日本国民に広くもたらされる陰で犠牲が常に払われていることは無視できません。

まず国民全員が原則何の制約も無く診療を受けることができるだけに却って病院が混雑し、短時間診療しか受けられないという問題が起こります。
日本社会における高齢化が進めばより多くの公費が費やされることとなり、その代わりとして税負担という形で若年層にしわ寄せがやってきます。
医師や看護師の質が高い代わりにそれら専門家の人口は少なく、これでは過重労働の割に待遇が良くないという現象が起こるのも不思議でありません。
おかげで、日本人の医療満足度は先進国最低の水準に甘んじてしまっています。
病院を利用する人々がその要求を控え目にした分医師や看護師の負担が軽減されるのであれば、展望は必ずしも暗いと限りません。